魚介類

20つまみ -あん肝-

更新日:

以前ご紹介した「あん肝の酒蒸し」が大好評ですので、調子に乗ってあん肝第二弾です。

あん肝は体にいいビタミンやミネラルを含んでおり、お酒のお供にいいことも科学的に分かっているので旬のうちにどうぞ!。

4つまみ -あんきも酒蒸し-

今回はあん肝本来の味を生かしたレトルトパックの商品です。

保存料、着色料等を一切使用せず、食塩と清酒のみで味付けをしているので、無添加で臭みも少なくなっています。

そして、この商品は250gX2で¥1500という価格(Amazon)が驚きです。
海のフォアグラであるあん肝がこの値段なら、たまの晩酌にスッと紛れ込ませられますね。

食べ方もオーソドックスなポン酢をかけて食べる方法以外にも、ソテーなど多種多様なバリエーションがあります。
安く買えるこの機会に色々とアレンジしてみるのもいいですね。

石見のうまいもん 和田珍味

実は栄養たっぷり

あんこうの肝にはビタミンA・ビタミンB12・ビタミンD・DHA・EPAなど、健康効果が期待できる栄養素がたくさん詰まっています。
DHA、EPAにはいわゆる血液サラサラ効果があるので、高血圧や生活習慣病の予防になります。

また、ビタミンDは美肌効果やカルシウムの吸収を高める効果、ビタミンAには皮膚や粘膜を健康に保つ働きや、視覚を正常にする働きがあります。そして、ビタミンB12は「造血のビタミン」と呼ばれ、赤血球を作り出す助けになります。

あん肝

たっぷり500g

¥1,500で500gも入っています。

普通なら安くても¥2,000はしますので、さらにお値打ちなのは驚きです。

しかも、250gパックが2つ入っているため、保存面でもとても助かります。
小分けにされていることで、一度に全て食べきらなくても大丈夫です。
生物は開封後に保存するとちょっと心配ですからね。

おつまみでちょこちょこっと食べる場合は500gって少し多いですからね。

新鮮な開封したてのあん肝を2日間味わえる幸せ。

本格麦焼酎 神々(じんじん)

あん肝

多彩なあん肝アレンジ

王道のポン酢

あん肝の食べ方として一番ポピュラーな with ポン酢です。

あん肝の本来の味を生かしてあっさりと食べられるので、おつまみとして大人気ですね。

せっかくあん肝を食べるなら、いつものポン酢じゃなくてワンランク上のポン酢を使ってみるというのも気分が良いですね。

あん肝ソテー

あん肝のソテーも割と簡単に準備ができるので、オススメのアレンジ料理です。

あん肝ポン酢とは全く違った調理法になりますので、あん肝メニューのバリエーションに加えたいですね。

ソテーしている時の香りや、そのちょっと濃い味付けも酒のつまみとして大活躍間違いなしです!

「佐藤黒」・「村尾」など他では手の入らない銘酒ぞろい

あん肝と椎茸の天ぷら

あん肝メニューの中では天ぷらは1ランクマイナーになるんじゃないでしょうか。

でも、これも美味しいんです!

まぁ、言わなくても皆さんわかりますよねw

天つゆも良いですが、私のオススメは塩+粉山椒です。
酒との相性抜群で病みつきになりますよ!

どぶ汁

最後にどぶ汁も紹介しておきますね。

あんこうの他の部位も必要になりますが、寒い冬を乗り切るには鍋が大事ですからね!

こんなに濃厚などぶ汁を食べながら、日本酒を飲み明かしたいですね。

まだまだ寒い冬の本番はこれからなので、その前にあん肝の準備をお忘れなく!

-魚介類
-,

Translate »

Copyright© おつまみ図鑑 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.