魚介類

23つまみ -からすみ風味の唐千寿-

投稿日:

今回はカラスミ・・・風味の唐千寿をご紹介します。

高級珍味として知られるカラスミの味を手軽な値段で味わうことができます。

本来はボラの卵ですが、「唐千寿」は鶏卵、鱈の卵に鮫の卵をブレンドしたものを使っています。

でも、¥980でカラスミの味を味わえるなら酒飲みとしては買いですね。

若者に見栄を張って「カラスミ」と言って出すのもアリですね。
舌の肥えた相手なら見破られるかもしれませんがw

天才杜氏の入魂酒
唐千寿

 

唐千寿

 

日本三大珍味のあん肝もどうぞ。

20つまみ -博多食材工房 あん肝 海のファアグラ-

 

カラスミって何?

ボラの卵巣からつくる塩乾品です。

その製造量はとても少ないため、高級珍味として知られています。
日本三大珍味の一つとして知られており、昔から多くの酒飲みの憧れの的となっています。

「佐藤黒」・「村尾」など他では手の入らない銘酒ぞろい

 

唐千寿

 

その作り方はとても手が込んでいます。

まず、ボラの卵巣を水洗(すいせん)後、食塩をすり込んで、樽(たる)に詰めた状態で一昼夜置いたのち塩抜きします。

これを水の中で揉んで卵粒を離した後、板の上に並べ、更にその上に板を置いて数段重ねていくことで徐々に圧力をかけて水を絞り出していきます。

翌日、簀子(すのこ)の上に並べて日干しし、夜に再度圧力をかけていきます。
加圧と日干しを繰り返し、およそ乾いた状態になったら日干しのみ行う。

これを20日程度繰り返して、ようやく完成となります。
角張って、薄い飴(あめ)色をしたものが良品とされています。

大吟醸極意傳

 

2:30辺りからボラが登場します。

この親方の仕事はとても丁寧ですね。
いつか親方のお店に食べに行ってみたいものです。

日本の銘酒が勢ぞろい!!唐千寿

 

カラスミの模造品ですよ

カラスミの紹介をしましたが、再度言いますが「唐千寿」は模造品です。

この「唐千寿」は、鶏卵、鱈の卵に鮫の卵をメーカー独自の製法でブレンドしており、 本物のカラスミに瓜二つの味を再現しています。

旅館・ホテルなどのメニューにも「本からすみ」の代用として使用されているそうです。

普段の宅飲みならこのような代用品で十分だと思います。
¥980で一本ならこっちを選択しちゃいますよね。

味も「我慢して代用品」のような感じではなく、美味しいですよ!

吟醸伝統辛口

 

唐千寿

 

食べ方

唐千寿」はカラスミと同様の食べ方で大丈夫です。

王道はそのままチョビチョビ酒を飲みながら食べるか、大根と一緒に食べる方法ではないでしょうか。

それ以外の方法もありますので、様々な調理法で「唐千寿」を楽しんでくださいね!

 

パスタ

カラスミパスタも王道の食べ方ですね。

カラスミを使って、こんなオシャレな料理を考えた人はすごい!

もちろん「唐千寿」でも作れますよ。
本カラスミより安いので、大胆に使っちゃいましょう。

色おとこ

 

 

カラスミとフランスパン

フランスパンを使った「唐千寿」モーニングもオススメです。

その塩辛さとバターのコンビネーションが病みつきになる一品です。

動画はちょっと見づらいかもしれませんが、その美味しさは伝わるはず(伝わってくれっ!)。

 

 

まとめ

  • 「唐千寿」は鶏卵、鱈の卵に鮫の卵をブレンド
  • 「唐千寿」の味は本カラスミと瓜二つ
  • 「唐千寿」は¥980円と宅飲み好きの味方
  • パスタにも使えて、使い勝手抜群

-魚介類
-,

Translate »

Copyright© おつまみ図鑑 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.